どれくらい光熱費がお得になるの!?

気になる初期投資額は?

初めて太陽光システムを導入する人にとっては、初期費用として一体いくらくらいかかるのかが心配でしょう。
一般的に、鬼畜住宅の太陽光システムの単価は、1キロワットあたり40.5万円と言われています。そのため、住宅用太陽光発電の平均容量が4.9キロワットであることを考慮すると、設置価格の目安は約200万円程度ということができます。
ただし、太陽光発電システムを導入するには初期費用だけでなく、毎月の発電・売電のバランスを見て検討する必要があります。
例えば、共働きなどで日中ほとんど外出している過程であると、日中発電した電気を全て売電に回すことができます。また、子育て中の家庭などで昼間にたくさん電気を使う過程では、昼間の電気を自己発電でまかない電気代をやすくすることができます。
この場合、前者のトータルでの売電収入が多くなりますので、太陽光発電システムのローンも月々の支払いを高めに設定することができます。

いくらお得になるの?

太陽光発電システムは、天候により左右されるので、メリットの出る日もあればそうでない日もあります。
ただし、平均的なデータを示して見ると、4.41キロワットの太陽光発電を導入している過程の場合で、共働きなどで日中ほとんど外出していて電気を使わない場合、月々の電気代は約6千円、月々の売電収入は約1万1千円となり毎月5千円の黒字となります。
子育て中などで、日中に電気を使うことが多い人の場合は、月々の電気代は約8千円、毎月の売電収入は約9千円となり毎月1千円の黒字となります。
しかし、初期投入費用の200万円のローンがあるはずですから、それを考慮するとしばらくは赤字続きとなる場合もあります。多くの場合、約10年にて利益が出るようになれば太陽光発電の導入は成功であったと言えるでしょう。

© Copyright Efficient Solar Panels. All Rights Reserved.