電気を買い取ってもらえるって本当!?

太陽光発電システムと発電の原理について

太陽光発電システムとは、太陽光エネルギーを電気エネルギーに変換を行うと言ったシステムの総称です。
太陽光発電システムには、ソーラーパネルや太陽電池と言われている太陽光エネルギーを電気エネルギーに変換するための装置が必要不可欠で、ソーラーパネル内の半導体部分に光が照射すると、高速移動する電子により電位差が生じ、電気エネルギーに変換されます。
この電気エネルギーは、設置してあるすべてのソーラーパネルから取り出され、接続箱と言われている機器で直列に接続が行われ、DC電源としてまとめられます。
住居内で使う電化製品はAC電源になるので、パワーコンディショナーを使ってDC/AC変換を行い、住居内の電化製品の電気として利用が出来るようになり、住居内で使いきらない電気は余剰電力として売電される事になります。

ソーラーパネルの総出力量について

日本の住宅の屋根は複雑な形状になっているため、ソーラーパネルの設置可能な面積は限られて来ます。
一般的に、ソーラーパネルの総出力量が10kW未満の場合は余剰電力買い取りと言って、住居内で使わない電気だけが売電される事になります。
これに対し、太陽光発電投資などの場合、ソーラーパネルの総出力量が10kWを超えるケースが多く、この場合は全量買い取り制度を利用出来ると言った違いがあります。
ソーラーパネルの出力は直列接続が行われ、住居内で使う事が出来る電気量になります。
尚、余剰電力買い取りと言うのは、日中の発電量の内、住居内で使わない電気であり、電力会社が買い取りしてくれる事で電気代が節約出来るようになります。

© Copyright Efficient Solar Panels. All Rights Reserved.