太陽光発電のメリット・デメリット

余った電気は買い取ってもらう事ができる!

太陽光発電はソーラーパネルを利用して太陽のエネルギーを直接電力に変換して各家庭や企業などに供給する発電システムで、太陽光発電にはさまざまなメリットやデメリットがあります。はじめにメリットとしては余った電気を買い取ってもらう事ができます。10kwに満たない太陽光発電システムでは発電した電気は最初に各家庭などで使用され、使われずに残った分の電気を電力会社に買取ってもらう事ができます。日中は電気はほとんど使用しないといった方にはメリットが大きい仕組みと言えます。
また太陽光発電システムを導入する際、自治体によっては補助金を受取れる場合があります。補助金制度を利用すれば初期に投資する費用は大幅に抑えられます。尚、自治体によっては補助金の金額が事前に決められているあるので、あらかじめ確認しておく必要があります。

天気の状況によって発電量も変わってきます!

太陽光発電システムにはいくつかデメリットも存在しています。一つは常時発電をしているものではないという事です。太陽光発電システムは太陽の光を受けて初めて発電しますので、雨や曇りなどで太陽の光が遮られるとそれに伴い発電量も低下します。夜の間に電気を使いすぎてしまうと電気代が高くなってしまう事があるので、そこは注意しておく必要があります。
もう一つは雨漏りなど家自体に損害をもたらしてしまう場合があるという事です。太陽光発電システムを利用する際み用いられるソーラーパネルは家の屋根に固定して設置するのが一般的になっています。しかし、工事の段階で不手際が生じてしまうと雨漏りなど予想外の損害を受けてしまう場合があるので、そのようなリスクがある事も把握しておくべきでしょう。

© Copyright Efficient Solar Panels. All Rights Reserved.